スパイス

1.クミン

  = 馬芹(うまぜり)

歴史の古いスパイスでカレー独特の香りを持つ。消化促進作用、コレステロール値改善、抗酸化効果などがあると言われている。
関東地域で間違いなく一番美味しいタパス

The Taster’s Times

2.シナモン

  =桂皮(けいひ)

香りには心をリラックスさせる作用がある。毛細血管の修復、コレステロール値改善、血糖コントロール改善、などもあると言われている。

3.ポピー

  =芥子(けし)

焼くとナッツのような香ばしいにおいがして、あんパンや焼き菓子によく使われる粒粒のスパイスとして知られている。 ビタミンB1やビタミンAなどのビタミン類、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。

4.レッドペッパー

  =蕃椒(ばんしょう)

唐辛子特有の辛みのある香辛料。 新陳代謝を高め、脂質分解を促すホルモン作用を向上させる働きがあると考えられ、抗菌・殺菌作用の他、胃を丈夫にする作用なども期待されます。

5.クローブ

  = 丁子(ちょうじ

甘く濃厚な刺激的な香りの強いスパイス。痛み止めとして使われ、含まれるオイゲノールは抗酸化作用に優れ、老化を防止動脈硬化を防ぐといわれている。

6.コリアンダー

  = 胡荽子(こずいし)

葉はパクチー(香菜)として使用。温めてつぶすと、オレンジのような甘い香りがする。消化を促し食欲を増進するはたらきがある。

7.フェヌグリーク

  =胡盧巴(ころは)、メッチ  

種子にはメープルシロップ様の甘い香りと苦みがある。

脂肪蓄積抑制血中コレステロール低下に関与している

8.ターメリック

  =鬱金(うこん)

クルクミン(ポリフェノール)を含み、抗酸化作用、肝機能向上、アルコール代謝促進、コレステロール値低下、老化防止や抗がん作用などに影響する。

9.カレーパウダー

カレー料理用にウコン、トウガラシなど、数十種のスパイスを配合して作られたミックスのスパイス。

10. グリーンカルダモン

  =小豆蔲(しょうずく)

樟脳系の さわやかで上品な香りがあり、「スパイスの女王」「香りの王様」 と呼ばれることがある。ストレス改善効果や香りをかぐと脳の血流が改善されるともいわれている。
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
Copyright © 2019 by The Hideout. All Rights Reserved. Powered By Lucid Japan Co,.Ltd.